自分で浮気調査はできるの?

もしかしたら浮気されているかもしれない…と感じたら、まず浮気をしている証拠を探さなければなりません。

 

証拠を集められなかったら、肝心なところで相手に逃げられてしまったり、お互いの関係が悪くなって修復が難しくなることもあります。

 

証拠を集めるため、自分で直接その証拠を突き止めてやる!と意気込んでいるあなた。

 

自分自身で浮気調査をするとなると大きなリスクがあることを覚えておきましょう。

 

自分で調査をすることは難しい

 

@尾行はほぼ不可能
浮気をしていないか調査をするとなると、やはりテレビなどの影響で尾行をしようと考えるかもしれません。
ですが、尾行はかなり難しく、慣れていない人がやってもすぐにバレてしまうだけです。
また、面識のある人が尾行をしたとしても、振り返られてチラッとでも見られたら、すぐにあなただとバレてしまいます。
そうなると、疑っていたの?と言われてしまい、実際に浮気をしていたとしても、そうでなくてもそこからお互いの関係が悪くなることがあります。

 

Aメールを確認することのリスク
メールの内容を確認するというのは、一緒に生活をしているのでしたら、眠っている時やお風呂に入っている時など、チャンスも多いので、比較的簡単なように思えるかもしれません。
確かに、スキをつけばそれほど難しいことではありませんが、万が一メールを見ていることを知られると、そこから信頼関係が壊れる恐れもあります。
しかも、ロックがかけられていた時には、リスクを負ったにも拘らず、何も情報を得られないということも考えられます。

 

B感情的になってトラブルが起こる
浮気を疑っている時というのは、ただ異性と会っていただけとか、取引相手と一緒にいただけでも浮気に見えてしまうもの。
陰からこっそりと見ていて、異性と会った瞬間飛び出して、パートナーの職場での関係をメチャクチャにしてしまうリスクも少なからずあります。
また、実際に浮気をしていたとしても、ただの友達とか取引相手だとウソをつかれて逃げられる恐れもあります。

 

浮気調査は専門家へ

 

浮気調査は自分で行うのではなく、専門家である探偵に依頼することをお勧めします。
探偵に依頼すれば、ほぼ確実に調査結果を出してきますし、写真を取って証拠も残していますので、浮気をしていた相手を逃がすこともありません。
尾行をする時にも、仮に見られたとしてもたまたま通りがかった人を装うことで、トラブルを回避できます。
それから、もしパートナーが浮気をしていない場合は、疑ったことを相手に知られることなく、そのまま幸せな生活を送ることができます。
このような理由があるから、浮気調査は専門家に依頼したほうが良いのです。